2017年 6月更新の新作情報

下記商品は2017年 6月更新の新作です。SOLDOUT、または現在は販売していない場合があります。

その季節のその時期だけ、使えるモチーフを装うちょっと季節を先取りして待ちわびてみたりする着物ならではのお洒落で、それはそれでステキです。

とはいえ、年中使え、差し色としても使える汎用性の高い帯留めも欲しい!何にでも合って、それでいてメインにもなるようななおかつ時期やモチーフが限定されていると合わせづらい・・そんなこんなで、定番となり、着回しのきく帯留めとして、縞と市松を選びました。

ビビットストライプの帯留め 市松帯留め カラーブロック
ビビットストライプの帯留め 着物コーディネート 市松帯留め カラーブロック 着物コーディネート

モダン柄ともアンティークとも古典柄とも喧嘩せず、季節も関係ない。鮮やかで、かつ着物とも調和する色にしたいと思い、数ある候補の中から縞5パターン、市松6パターンを選びました。並べるとルービックキューブやテトリスのブロックのようなポップさがあります。それで名前も縞と市松ではなく、ビビットストライプとカラーブロックにしました。とくにストライプはウチの商品の中でも結構なデカさです。ただ、縦に伸びる柄なので、べらぼうにデカくも感じません。読み物のページの「帯留めとは?」の特集の中で普通の太さの帯締めに、帯留めを付ける方法を説明していますのでアンティークのど太い帯締めにつけてみてもいいと思います。なかなかインパクト大ですので、良ければお試し下さい。

詳細は下記 詳細ページ・ショップカテゴリー・グループのページへ

新作商品のページ | ビビットストライプの帯留め | 市松帯留め カラーブロック | 帯留め (その他の帯留め)

ラインストーン金魚帯留め 赤 ラインストーン金魚帯留め 青

立体の金魚の帯留めの型を新たに制作しました。夏に涼しげな透明色のグラデーションその上からグラデーションカラーのスワロフスキーをたっぷりあしらいました。

ラインストーン金魚帯留め 赤 着物コーディネート ラインストーン金魚帯留め 青 着物コーディネート

金魚モノは世の中に結構ありますが、毎年この季節になると新しい金魚物が出来ないか考えます。実は今回の金魚の帯留めは、形自体はかなり前からあったのですが、あまりうまくいかなくてお蔵入りになっていました。今回透明感と、スワロフスキーをたくさん入れることで、今までFourSeasonにあった金魚の帯留めとは少し違う物になったかと思います。(その分少しお値段高くなりましたが)

詳細は下記 詳細ページ・ショップカテゴリー・グループのページへ

新作商品のページ | ラインストーン金魚帯留め 赤 | ラインストーン金魚帯留め 青 | 季節 夏 のページ

流れ星のかんざし 1 流れ星のかんざし 2

商品を作る時、大別して「こんなのを作りたい」と1から型を起こして制作する物と「このパーツを活かしたい」と思って製作するものがあります。流れ星のかんざしの場合は完全に後者です。

とても透明度が高く、藍色から薄茶色のグラデーションが美しいアクリル玉を入手しましたのでこの素材が活きるデザインを考えよう、というところからスタートしました。

丸い玉を使ったかんざしというと、棒に差した玉かんざしが一般的ですがかんざし本体にちょこんと乗っかっているデザインだと変わっていて面白いと思い、この形に決定しました。アクリル玉にを包むようにかんざしにカーブを付けるため、1本づつ手作業でかんざしを曲げています。

星にまつわるモチーフですので、七夕や、夜のお出かけに着けても勿論素敵ですが、アクリル玉の透明感は、むしろ昼、光を透かしてみるとより一層綺麗です。スッキリしたデザインですので、着物や浴衣には勿論、洋服にもマッチすると思います。


他、訳あり商品数点UP致しました!

詳細は下記 詳細ページ・ショップカテゴリー・グループのページへ

新作商品のページ | 流れ星のかんざし | 季節 夏 のページ
鳥ライン

2017年 5月更新の新作情報

夏の夜の風物詩、花火の帯留めとピアスを制作しました。花火を層に分けて彫刻することで、平面に書いた絵ではなく立体的に浮き上がって見える構造になっています。黄緑の花火は蓄光で、暗い場所で光るので花火大会など夜のお出かけのときにも楽しめます。

梅雨の時期に実る青い梅を帯留めで表現してみました。単の頃に合わせた季節のモチーフですが、デフォルメした形なので梅として使わなくてもワンポイントの差し色として使えるのでお得です。

花火のピアス 花火の帯留め1
花火の帯留め2 梅の帯留め

「花火のピアス」と「花火の帯留め」当初は光らせるつもりはありませんでした。「もし花火を見に行くときに付けて行くのなら、光ったら面白いのでは?」という事で光らせてみる事にしました。

光る素材があるのですが、最初は明るい所でもきれいに見えて、暗い所では光るという風にしたかったのですが、この素材が不透明の素材で、ラメを入れるとラメが良く見えなくなる上に、ラメの影響で光らなくなるという良いとこ無しの状態でした。なので「ラメはラメ」「光るものは光るもの」で分けて作りました。光るといっても自発的に光を発してるのでは無いので、明るい所で光を貯めて、暗い所で光るという感じです。明るい所から暗い場所に行くと数分間は光ります。数分後には暗くなりますが、また明るい所で光を当てればまた光ります。

花火のピアス 光り方 花火の帯留め 光り方

昔からある素材で珍しい物では無いですが、ちょっと光ってみたら面白いかもと思い作って見ました。

もうすぐ梅雨です。梅雨といえば文字通り梅の実のなる、雨の降る季節。 近年単を着る時期が長くなりました。5月を過ぎればもう暑い。サマーウールは一体何時着ればいいんだろう?でもこの時期に付けられるモチーフって少ないのでは?と思っていました。

菖蒲や藤は過ぎたし、カタツムリやカエルもいいけど、よく考えたら梅雨時って紫陽花以外の植物があんまり思い浮かばなかった・・。かといってあんまり身に付けられる時期が短すぎるものも困り物です。花の時期が1週間で終わってしまうものでは着る機会を逃してしまう。

そんな中、丁度ちらほら市場に出回り始めた梅の実が浮かびました。あまりリアルに作りすぎなければ、一年中使えることに気がつきました。グリーンとピンクが綺麗なので、いつでも帯周りが寂しいときに差し色に出来て、使い勝手がいいと思います。その上いつもあーだこーだと決まらない色も、今回は奇跡的に一発で決まりましたので、お値段もかなりお買い得価格になりました。

ご覧いただきありがとうございます!

新作商品ご覧頂ければ嬉しいです。ありがとうございます!

詳細は下記 ショップカテゴリー・グループのページへ

新作商品のページ | 試作品1点もののページ | ピアスのページ | 季節 夏 のページ
上記以前の更新情報はこちら
  • 新作商品バナー
  • 猫モチーフセレクトバナー
  • プレゼントラッピングバナー

カテゴリーから探す

カテゴリーから探す